退職届の書き方と文例テンプレート集




退職届の書き方と文例、無料で使えるテンプレートをご紹介します。
掲載している無料の雛形を利用すれば、簡単に退職届を作成できます。
ダウンロードしたテンプレートファイルは、ワード又はエクセルでご利用ください。

退職届とは

退職届の概要

「退職届(たいしょくとどけ)」とは、従業員が会社を辞める際に、退職する意志を会社に届け出るために提出する書類です。

会社側が退職届を受理することで、退職、つまり労働契約の解除が正式に決定します。

退職届には、退職する従業員本人の名前、退職する旨を伝える文章、退職を退職日、退職理由などを記入します。特に会社指定の様式がない場合、必須事項を記載した任意のフォーマットで作成できます。この場合、縦書き、横書き、手書き、PC入力などは問いません。

使用する用紙は、コピー用紙あるいは白の便箋が一般的です。

なお、退職届は三つ折りにして、白無地の封筒に入れて手渡すのがマナーとされています。

退職届の用途と役割

退職届は、会社側に退職の意思表示をするために使用する書類です。じつは、就業規則等で特別に定めがない限り、退職希望の旨を口頭で伝えても問題ありません。

とはいえ、退職する旨を伝えるときには、退職届という形で書面を提出するケースがほとんどです。口頭でやり取りすると事実確認が困難になり、いざ退職する際にトラブルになる可能性は否定できません。こうしたトラブルを防止する意味でも、多くの会社において書面で提出することが求められています。

会社の就業規則で、退職希望の際に書面での提出が定められている場合は、言うまでもなく、それに従うとともに、指定の書式があれば、そのフォーマットを使用して退職届を作成します。

退職届はいつまでに提出するべきか

退職届は、いつまでに会社に提出するべきなのでしょうか。退職届を提出する前に、まずは就業規則を確認し、その内容に従います。

特に決まりがない場合、民法で定めされている“退職する日の14日前”までに提出しましょう。なお、業務の引継ぎ期間などを考慮し、一般的に1カ月前までに提出するケースが多く見られます。

また、退職届は通常、直属の上司に手渡しします。ただし、会社によっては、直属の上司や所属長ではなく、人事部に提出するケースもあるので、事前に確認しましょう。

「退職届」と「退職願」との違い

退職届に似た書類に、「退職願(ねがい)」があります。

退職届(とどけ)」は、従業員がすでに退職することを決め、その旨を通告するための書類であるのに対し、
「退職願(ねがい)」は、あくまで会社に退職を願い出るための書面にすぎません。

そのため、会社に却下される可能性もあることを頭に入れておきましょう。一方、退職届と異なり、退職の撤回ができる利点もあります。したがって、退職の意志がかたい場合は、一般的に退職届を使用します。

ちなみに、「辞表(じひょう)」は、社長や取締役などが、その役職を辞めることを届け出る書類のため、一般の従業員は基本的に使用しません。

退職届の書き方

退職届の書き方について解説します。手書きで作成する際も、基本的に記載すべき項目は同じです。

退職届に記載すべき項目

退職届テンプレート見本・サンプル

見本・サンプル(クリックで拡大)

1.タイトル(退職届)

書類の種類を記載します。中央よりやや上の位置に記入するのがポイントです。

2.書き出しの文言(私儀/私事)

二行目の右端には「私儀(わたくしぎ/しぎ)」または「私事(わたくしごと/しじ)」と記載します。正式な文書において、自分のことを述べる際の書き出しで使用する文言です。

3.退職する旨・理由を伝える文章

私儀/私事の次の行からは、退職日、退職理由を含めた、退職する旨を伝える文章を記載します。退職理由は「一身上の都合」とするのが一般的であり、詳細を記載する必要はありません。ただし、会社側が「一身上の都合」で納得しないと考えられる場合や、会社都合による退職では、具体的な内容を記載します。

4.提出日

退職日を提出する年月日を記載します。

5.所属部署

退職前に所属している部署名を記載します。役職名の記載は不要です。

6.氏名・印

自分(退職者)の氏名を記入し、押印します。

7.宛先

退職届は、会社の代表取締役に宛てて書くのが一般的です。敬称は“殿”または“様”とします。自分の名前よりも上部になる位置に記載します。

退職届の文例

退職届のフォーマットにおいて、退職する旨を伝える文章の例文を以下で紹介します。

退職届の書き方のポイントと注意点

退職届に記載するべき項目は前述のとおりですが、ここで、書き方のポイントをまとめて紹介するとともに、作成時の注意点について解説します。

  • 退職届は縦書き、横書きのどちらで記載しても問題ありません。
  • 自己都合退職の場合、詳細な理由は記入せず、「一身上の都合」と表記するのが一般的です。一方、事業縮小や早期退職といった会社都合による退職の場合は、自己都合退職でないことがわかるように、具体的な理由を記載します。
  • 氏名の後に押印するのを忘れないようにしましょう。
  • 宛名は会社の代表取締役とし、自分の名前よりも上部になるように記載します。
  • 退職届は手書きがベターとされていますが、PCで作成しても問題ありません。
  • 用紙はA4サイズのコピー用紙や、B5サイズの白い便箋などを用いるのが一般的です。
  • 手書きの場合、こすっても消えない黒インクのボールペンや万年筆などで書きます。
  • 退職届は三つ折りにして、郵便番号枠が印刷されていない白無地の封筒に入れます。封筒表面の中央にも「退職届」と記載します。
  • 退職届は、いったん提出すると、基本的に退職を撤回できません。そのため、作成・提出は慎重に行いましょう。

退職届テンプレートのダウンロード(無料)

退職届(たいしょくとどけ)テンプレート

退職願(たいしょくねがい)テンプレート

定年退職届テンプレート

テンプレート・ひな形の無料ダウンロード注意事項

【利用上の注意事項・規約】
掲載されているファイル(ワード・エクセル)は個人でのご利用に限らせていただきます。
当サイトの許可なく商用や転載でのご利用は禁止させていただきます。
パソコン用のワード・エクセルに最適化されています。環境によって表示されているレイアウトに差異が発生する場合がございます。その際はお手数ですが任意修正してご利用ください。
ファイルをご利用するにあたり発生したいかなるトラブルに関しましては一切責任を負いかねます。
掲載希望の書式テンプレートのご依頼や、サイト改善に伴うご要望は お問い合わせフォーム より承らせていただきます。
当サイトへのリンクは完全フリーとなっております。運営者への許可は必要ございません。